×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  牛乳ができるまで

牛乳ができるまで

牛乳はどのようにして、みんなに届けられるのかな

牛乳はどのようにして、みんなに届けられるのかな

実際の写真でみてみよう

1.牛から乳を搾る。【搾乳(さくにゅう)】

酪農家さんが大切に育てた牛よりお乳をしぼる。

1.牛から乳を搾る(搾乳)

2.牛乳工場へ運ぶ。

しぼったお乳は生乳(せいにゅう)と呼ばれ、冷やしながらタンクローリーで 大切工場に運ばれます。

2.牛乳工場へ運ぶ

3.生乳の受入検査。【乳質検査(にゅうしつけんさ)】

工場に届いた生乳は受け入れてよいかどうかタンクローリーから少し取り出して検査します。
工場では検査に合格した生乳のみを受け入れます。

3.生乳の受入検査(乳質検査)

4.牛乳の中の小さなゴミなどを取りのぞく。【清浄化(せいじょうか)】

生乳の中にはほとんどゴミは入っていませんが、ねんのため機械(クラリファイヤー)をとおして取りのぞきます。

4.牛乳の中の小さなゴミなどを取りのぞく。(せいじょう化)

5.生乳を冷やしてためる。【冷却(れいきゃく)と貯乳(ちょにゅう)】

ゴミを取りのぞいた生乳は機械で5℃以下に冷やして(冷却)一旦タンク(ストレージタンク)にためられます。

5.生乳を冷やしてためる。(冷却と貯乳)

6.脂肪を砕いて飲みやすくする。【均質化(きんしつか)】

生乳には乳脂肪があり大小の脂肪球となって浮いています。そのままにしておくと表面にクリームのそうができてしまいます。
そのため、機械で脂肪のつぶを砕き、つぶを小さくし飲みやすくします。

6.脂肪を砕いて飲みやすくする(均質化)

7.熱をかけて殺菌する。

生乳の中にはたくさんの細菌がいますので、そのまま飲むことができません。
安心して飲んでいただきために機械の中で高い熱で殺菌し、いっきに5℃まで冷やします。
殺菌された生乳は「牛乳」と呼ばれます。

7.熱をかけて殺菌する。

8.牛乳をパックに入れる。【充填(じゅうてん)】

パックに牛乳をつめる機械のことを「じゅうてん機」といいます。
じゅうてん機により成形されたパックへ自動的に牛乳がいれられます。
パックに牛乳の賞味期限が印字され箱につめられます。

8.牛乳をパックに入れる(じゅうてん)

9.製品の検査。

製品になった牛乳はきびしい検査を行い出荷できるか判定します。

9.製品の検査

10.冷蔵庫で保管、出荷。

牛乳は一旦冷蔵庫で保管します。
サンプル検査で合格すると冷やしながら運べるトラックでお店や、学校に届けられます。

10.冷蔵庫で保管、出荷
10.冷蔵庫で保管、出荷

当社へのお問い合わせ

TEL0258-78-3105(代表)

営業時間 平日9:00~17:00  定休日 土曜日・日曜日・祝日
FAX 0258-78-3117